法律的なブックメーカーの位置づけ

法律的なブックメーカーの位置づけ

そもそもBookmaker(ブックメーカー)って言葉自体、
日本ではあまり聞きなれないし、やっている会社も聞いた事がありません。

なので、法律的に大丈夫なのかという心配は当然あります。

基本的に、その国の法律にのっとって行われいるサービスになるので、
合法国にいて遊ぶことに関しては、完全に何の問題もありません。
同じギャンブルという視点で考えると、海外旅行に行ってカジノ施設に足を運んで遊んでも、
賭博はしていますが、賭博罪に問われることはありません。

次に気になるのは日本からの参加ですが、合法とも違法ともされていません。

例えば、ブックメーカーに関して、日本の賭博法によって罰せられる例としては、

「日本で店舗を経営してスポーツブックを利用させた場合です。」

これは賭博場を経営しているとみなされます。

日本国内で、賭博場を運営した方と、それに参加した方が両方存在する事で、
賭博法に違反したという事が成立します。

先ほども説明したように、参加者する日本人が海外在住にいれば何の問題もありません。

もし日本にいる場合は、国内で賭博に参加した事になります。
でも、運営しているのは海外の合法的に運営している企業になります。

ですので、日本の参加者が罰せられている例もありませんし、
日本の法律で「海外のブックメーカーの利用を禁止する」といった法律も存在しません。

という「合法とも違法ともされていない」状態です。

ブックメーカーではありませんが、先日オンラインカジノを日本からプレイしていた方が、
単純賭博罪という罪で逮捕されたという報道がありました。
この事で日本からの参加は、罪の名前がついて逮捕される事はわかりました。
その後、法律が一致していない状態で、罪を確定させられるのかわかりませんが、
決まった場合は、日本からの参加は違法という事が確定します。

今すぐ、現状の情報が知りたいという方は、居住地の政府当局や、
こういった情報に詳しい弁護士に相談することをお勧めいたします。

当サイトの見解としては、国内から遊ぼうと考えている方は、逮捕されるのがわかっているのですから、
絶対に遊ばないという事を提言させていただきます。
海外旅行に行った際や、合法国に住んでいる方は、日本人の参加も全く問題ないので、
しっかりと節度を持って遊びましょう。

当サイトの紹介するブックメーカーは、株式上場していたり、
レアルマドリードやマンチェスターユナイテッドなどの、
サッカーチームのスポンサーにもなっているような、社会に認められた企業であり、
国に許可されているサービスであり、それぞれの国の法律に基づいて合法的に運営されています。

なので、そういったブックメーカーを選んで、楽しめば、
入金したお金を取られて戻ってこなかったり、
払い戻しに応じてくれなかったりという心配はありません。

あの超大手日本企業もブックメーカーに参入!?

現在、日本では合法的なブックメーカーは存在しませんが、
今後は、カジノなどの話題も活発なので、日本のブックメーカー誕生も期待できます。

更に、日本の情報としては、スポーツへの賭けとして日本に存在している「toto」。
Jリーグの試合結果を予想する「スポーツ振興くじ」として運営されていますが、
先日ニュースにもなりましたが、海外サッカーを含め、スポーツ全般を取り扱うという方針が検討されています。

結果を予想して的中数によっての配当という状態から、
1試合の決められたオッズにベットするという形がどうなるかはわかりませんが、
「toto」が日本で初めてのブックメーカーになるかもしれません。

ブックメーカーは安心です。

何のサービスでもそうですが、大小様々な会社があり、質も様々です。

これはブックメーカー市場でも同様なので、
何より大事なのは、「どのブックメーカーを選ぶか」が重要です。

当サイトはこの様な理由で、悪質なサービスに騙されたりしない様に、
海外で人気の優良ブックメーカーを紹介しております。

ですが、決して強制するものではありませんので、
「なんだか解りづらいな~」や「面倒」と思う事が多い方は、
日本にも競馬や競艇・オートレース・totoなど、
公営ギャンブルは沢山ありますから、それらを選択する方がいいでしょう。

プレイするのはご自身の判断と責任でしっかりと行う事が重要です。

優良なオンラインカジノのリスト
ページ上部へ戻る