記事の詳細

サッカー選手の年収総額で首位はロナウド!
そして、ブラジル代表の市場価値は700億円以上とも!

サッカーは世界で一番プレーされている人口が多いスポーツです。

だから、その中でトッププレイヤーとなっている選手は、
世界一人気のスポーツを極めている人達。

それは、相当なお金が動く事間違いありません。

先日、アメリカの経済誌「フォーブス」が、
昨シーズンのサッカー選手収入ランキングを発表しました。

なんと、その額が凄い!

1位のクリスティアーノ・ロナウドは、合計7300万ドル(約74億2000万円)
内訳は、レアル・マドリードの年俸が4900万ドル(約49億8000万円)
広告などのスポンサー収入が2400万ドル(約24億2000万円)

意味のわからない数字が並んでいます。

そして、続くのが、リオネル・メッシで、合計6500万ドル(約66億1000万円)
内訳は、バルセロナの年俸が4200万ドル(約42億7000万円)
広告スポンサー収入が2300万ドル(約23億4000万円)

彼らの価値はすざましい物がありますね。

3位以下のランキングに入っているプレイヤーも凄い額です。

年収ランキング ベスト20

年収ランキングベスト20(カッコ内、国籍/所属チーム)
1位 クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/レアル・マドリード) 7300万ドル(約74億2000万円)
2位 リオネル・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ) 6500万ドル(約66億1000万円)
3位 ズラタン・イブラヒモヴィッチ(スウェーデン/パリSG) 3400万ドル(約35億6000万円)
4位 ネイマール(ブラジル/バルセロナ) 2800万ドル(約28億5000万円)
5位 ラダメル・ファルカオ(コロンビア/モナコ) 2600万ドル(約26億4000万円)
6位 ギャレス・ベイル(ウェールズ/レアル・マドリード) 2400万ドル(約24億4000万円)
7位 ウェイン・ルーニー(イングランド/マンチェスター・U) 2200万ドル(約22億4000万円)
8位 セルヒオ・アグエロ(アルゼンチン/マンチェスター・C) 2100万ドル(約21億4000万円)
8位 ヤヤ・トゥーレ(コートジボワール/マンチェスター・C) 2100万ドル(約21億4000万円)
10位 フェルナンド・トーレス(スペイン/チェルシー) 2000万ドル(約20億3000万円)
11位 ロビン・ファン・ペルシー(オランダ/マンチェスター・U) 1900万ドル(約19億3000万円)
12位 フランク・リベリー(フランス/バイエルン) 1800万ドル(約18億3000万円)
13位 スティーヴン・ジェラード(イングランド/リヴァプール) 1700万ドル(約17億3000万円)
14位 ダビド・シルバ(スペイン/マンチェスター・C) 1600万ドル(約16億3000万円)
14位 フランク・ランパード(イングランド/チェルシー) 1600万ドル(約16億3000万円)
14位 バスティアン・シュヴァインシュタイガー(ドイツ/バイエルン) 1600万ドル(約16億3000万円)
14位 メスト・エジル(ドイツ/アーセナル) 1600万ドル(約16億3000万円)
18位 フィリップ・ラーム(ドイツ/バイエルン) 1500万ドル(約15億3000万円)
18位 カカ(ブラジル/ミラン) 1500万ドル(約15億3000万円)
18位 ルイス・スアレス(ウルグアイ/リヴァプール) 1500万ドル(約15億3000万円)

日本人選手は一人も入っていない所が寂しいですが・・・。

クラブ別で見ると、
1位は、バイエルン・ミュンヘンとマンチェスター・シティの3選手。
2位タイで、レアルマドリード、バルセロナ
マンチェスター・ユナイテッド、リヴァプール、チェルシーが2選手。
パリサンジェルマン、ミラン、アーセナル、モナコから1選手ずつ。

エジルやカカは、前のシーズンはレアルにいたので、
結果的には、やはりレアルマドリードが昔から銀河系軍団という事ですね。

今回のブラジル代表の市場価値も凄い!

先ほどの年俸とは少し違う目線ですが、各選手の市場価値というのも話題になっています。

今回のブラジルワールドカップに出場するブラジル代表メンバー23人の市場価値は、
「合計で5億ユーロ(約700億円)以上」であると、
ブラジルの経済紙バロール(Valor)が発表しました!

スポーツ専門コンサルタント企業
プルリ・コンスルトリア(Pluri Consultoria)社の推算でも、
「市場価値は5億1423万ユーロ(約724億円)」

さすが今大会の優勝候補ナンバー1チームです。

その他の国の市場価値では、

スペインの4億8690万ユーロ(約685億円)
アルゼンチンが4億7410万ユーロ(約667億円)

個人の価値ナンバー1は、リオネル・メッシの推定1億3810万ユーロ(約194億円)
2位は、クリスティアーノ・ロナウドの1億730万ユーロ(約151億円)

続く選手は、ブラジルのネイマールで6740万ユーロ(約94億円)
ドイツのマリオ・ゲッツェも5970万ユーロ(約83億5000万円)

となっています。

日本代表の価値が気になりますが・・・。

昨日発表されたブラジルワールドカップ 日本代表選手23人。

GK
川島永嗣(スタンダール・リエージュ:BEL)
西川周作(浦和)
権田修一(FC東京)

DF
今野泰幸(G大阪)
伊野波雅彦(磐田)
長友佑都(インテル:ITA)
森重真人(FC東京)
内田篤人(シャルケ:GER)
吉田麻也(サウザンプトン:ENG)
酒井宏樹(ハノーファー:GER)
酒井高徳(シュトゥットガルト:GER)

MF
遠藤保仁(G大阪)
長谷部誠(ニュルンベルク:GER)
青山敏弘(広島)
山口螢(C大阪)
大久保嘉人(川崎)
本田圭佑(ミラン:ITA)
香川真司(マンチェスターU:ENG)
齋藤学(横浜FM)
清武弘嗣(ニュルンベルク:GER)

FW
岡崎慎司(マインツ:GER)
柿谷曜一朗(C大阪)
大迫勇也(1860ミュンヘン:GER)

香川や本田・長友・柿谷は、メディアへの露出も多いので、
計算されているでしょうが、サプライズだった大久保で、
日本代表の市場価値にはどう変化があるのでしょうかね。

ワールドカップの前と後での変化も要チェックです!


ニュース・オッズに関する注意点
ニュースや試合オッズには、期間がございます。しっかりと年月日を確認してご利用ください。
本配信は、告知日または情報内での告知日時のに有効な情報となります。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

優良なオンラインカジノのリスト
ページ上部へ戻る