記事の詳細

第4回 UEFA欧州最優秀選手賞 2014
今回の選考で受賞候補者が10人に絞られる!
ワールドカップ活躍者が多く選出される!

今年もサッカーの式典「UEFA欧州最優秀選手賞」の候補者が発表されました!

この賞は、旧バロンドールであるUEFA年間最優秀選手が、
いろいろと賞の形を変えて生まれた、今回で4回目となる、
ヨーロッパのサッカークラブでプレーする最も優れた選手に与えられる賞です。

選考方法も、これまでの賞の流れを継いでいて、
UEFA加盟国のジャーナリストたちによって選考が行われ、
一次候補者35名の中から5名を選んで、1位から5位までランク付けがされます。
そして、1位の選手には5点、2位の選手には4点と、
順位によって得点が加算されて、現時点の10人の候補者が決定となっています。

2014年のUEFA年間最優秀選手 候補者10名はこちら!

・ FWジエゴ・コスタ(スペイン、アトレティコ・マドリー→チェルシー)
・ FWアンヘル・ディ・マリア(アルゼンチン、レアル・マドリー)
・ FWハメス・ロドリゲス(コロンビア、モナコ)
・ DFフィリップ・ラーム(ドイツ、バイエルン)
・ FWリオネル・メッシ(アルゼンチン、バルセロナ)
・ FWトーマス・ミュラー(ドイツ、バイエルン)
・ GKマヌエル・ノイアー(ドイツ、バイエルン)
・ FWアリエン・ロッベン(オランダ、バイエルン)
・ FWクリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル、レアル・マドリー)
・ FWルイス・スアレス(ウルグアイ、リバプール→バルセロナ)

ワールドカップイヤーという事もあり、優勝したドイツからは最多の3名が候補に入っており、
得点王となった、ハメス・ロドリゲスや3位に貢献したロッペン、
準優勝したアルゼンチンから、大活躍したディ・マリアや、
大会最優秀選手になったメッシも候補に入りました。

クラブ別では、バイエルン・ミュンヘンから4名が選出され、
プレミアリーグの得点王であるスアレスや、
リーガエスパニョーラの得点王であるクリスティアーノ・ロナウド。
そして、リーガを制したアトレティコ・マドリーのエースであるジエゴ・コスタも選出されています。

11位以下で、今回の10人から漏れた選手にも、
常に強烈なインパクトを残している選手以外には、
ワールドカップ組が多く投票された形になっています。

11 セルヒオ・ラモス
12 ティボー・クルトワ
13 ズラタン・イブラヒモビッチ、アンドレア・ピルロ
15 ヤヤ・トゥレ
16 トニ・クロース
17 ネイマール、バスティアン・シュバインシュタイガー
19 ガレス・ベイル
20 ディエゴ・ゴディン
21 セルヒオ・アグエロ、コケ、アルトゥーロ・ビダル
24 カリム・ベンゼマ、クリス・コモンズ、ハビエル・マスチェラーノ、フランク・リベリ
28 マリオ・ゲッツェ、マッツ・フンメルス、イバン・ラキティッチ、チアゴ・シウバ、
  ヴェスレイ・スナイデル、カルロス・テベス、アルダ・トゥラン、ロビン・ファン・ペルシー

今後は、最終の結果が決まる前、8月14日までに3名に絞り込まれ、
8月28日に行われるUEFAチャンピオンズリーグのグループステージ組み合わせ抽選会の式典で発表されます。

過去の受賞者をチェックしてみましょう!

今回が4回目になるので、UEFA欧州最優秀選手賞となってからの受賞者は3名となります。

第1回(2011年)は、リオネル・メッシ。
第2回(2012年)は、アンドレス・イニエスタ。
第3回(2013年)は、フランク・リベリー。

それぞれの年の候補者10名を見ると、その年のサッカーのスタイルが解る形になっています。

2011年・2012年は、スペインのパスを繋ぐサッカーの全盛期。

2011年 UEFA欧州最優秀選手賞 候補者10名
順位 選手名 所属クラブ
1 リオネル・メッシ バルセロナ
2 シャビ バルセロナ
3 クリスティアーノ・ロナウド レアル・マドリード
4 アンドレス・イニエスタ バルセロナ
5 ラダメル・ファルカオ ポルト
6 ウェイン・ルーニー マンチェスター・ユナイテッド
7 ネマニャ・ヴィディッチ マンチェスター・ユナイテッド
8 ズラタン・イブラヒモビッチ ACミラン
8 ジェラール・ピケ バルセロナ
10 マヌエル・ノイアー シャルケ04

2012年 UEFA欧州最優秀選手賞 候補者10名
順位 選手名 所属クラブ
1 アンドレス・イニエスタ バルセロナ
2 リオネル・メッシ バルセロナ
2 クリスティアーノ・ロナウド レアル・マドリード
4 アンドレア・ピルロ ユヴェントス
5 シャビ バルセロナ
6 イケル・カシージャス レアル・マドリード
7 ディディエ・ドログバ チェルシー
8 ペトル・チェフ チェルシー
8 コロンビア アトレティコ・マドリード
10 メスト・エジル レアル・マドリード

2013年からは、パスを繋ぐサッカーにプラスして、縦への速攻がMIXされた、
ドイツサッカーが1番強いサッカーに変化してきている事がわかります。

バイエルンから4名が選出されています。

2013年 UEFA欧州最優秀選手賞 候補者10名
順位 選手名 所属クラブ
1 フランク・リベリー バイエルン・ミュンヘン
2 リオネル・メッシ バルセロナ
3 クリスティアーノ・ロナウド レアル・マドリード
4 アリエン・ロッベン バイエルン・ミュンヘン
5 ロベルト・レヴァンドフスキ ボルシア・ドルトムント
6 トーマス・ミュラー バイエルン・ミュンヘン
7 バスティアン・シュヴァインシュタイガー バイエルン・ミュンヘン
8 ガレス・ベイル トッテナム・ホットスパー
9 ズラタン・イブラヒモビッチ パリ・サンジェルマン
10 ロビン・ファン・ペルシ マンチェスター・ユナイテッド

そして、今年のワールドカップはドイツが優勝!
この形は、これから何年続いていくのでしょうか・・・。

そして、次にこのサッカーより強いサッカーは、どういうスタイルなのでしょうか?

どうなるにしても、今年のUEFA欧州最優秀選手賞で、
ワールドカップの最優秀選手を獲って批判されたメッシの選出は無さそうですね。

近いうちに発表されるブックメーカーの予想オッズにも注目しましょう!
発表され次第、当サイトでも紹介いたします!


ニュース・オッズに関する注意点
ニュースや試合オッズには、期間がございます。しっかりと年月日を確認してご利用ください。
本配信は、告知日または情報内での告知日時のに有効な情報となります。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

優良なオンラインカジノのリスト
ページ上部へ戻る