記事の詳細

日本の首位予想オッズは5倍で3位!
ワールドカップ ブラジル大会 グループC
関連予想オッズを公開!

日本が入ったグループCは、全体的には易しいグループと言えます。

シード国のコロンビアも、エースストライカーのファルカオが怪我をしており、
もしかしたら、出場が微妙な状態となっていますし、
もし出れたとしても、第3戦で対戦する日本との試合には出場しない可能性が高い。

コートジボアールも、ドログバは強く恐ろしいフォワードですが、
全体的な組織と考えると、日本が勝てる可能性が高い。

ギリシャは、日本と割と似たようなチームで、ここが秀でているというポイントが少なく、
組織で崩して戦うチームです。となると日本の方が強いでしょう。

なので、実は、このグループは日本が首位になる可能性は十分に高いと言えます。

Cグループリーグ首位の予想オッズは?

チーム オッズ チーム オッズ
コロンビア 1.8 コートジボワール 4.5
日本 5 ギリシャ 7

最新のオッズ状況はこちら

でも、首位予想は、コロンビアとなっています。
まぁFIFAランキングやこれまでの実績から考えてると当たり前です。
コートジボワールより下なのは納得できませんが・・・。

Cグループ決勝トーナメント進出予想オッズは?

チーム オッズ チーム オッズ
コロンビア 1.28 コートジボワール 1.91
日本 2.1 ギリシャ 2.87

最新のオッズ状況はこちら

こちらも首位予想と同じ並びとなっていますが、
このブックメーカーの予想オッズ通りだと、日本は予選敗退となります。
でも、それはほぼ無いと考えられるので、この2.1倍は良いかもしれません。

逆にグループ最下位の予想オッズは

チーム オッズ チーム オッズ
ギリシャ 2.5 日本 3
コートジボワール 3.25 コロンビア 10

最新のオッズ状況はこちら

この最下位予想はギリシャが固そうに思えますが、
崩れだした時とのアフリカ勢はヤバイので、注意が必要です。

最後は、グループCの順位を全て当てるベット対象です

チーム オッズ
コロンビア/コートジボワール/日本 8
コロンビア/日本/コートジボワール 8
コロンビア/コートジボワール/ギリシャ 9
コロンビア/ギリシャ/コートジボワール 10
コロンビア/日本/ギリシャ 10
コロンビア/ギリシャ/日本 11
コートジボワール/コロンビア/日本 17
コートジボワール/コロンビア/ギリシャ 19
日本/コロンビア/コートジボワール 19
日本/コロンビア/ギリシャ 23
ギリシャ/コロンビア/コートジボワール 26
ギリシャ/コロンビア/日本 29
コートジボワール/日本/コロンビア 34
日本/コートジボワール/コロンビア 34
コートジボワール/ギリシャ/コロンビア 41
ギリシャ/コートジボワール/コロンビア 51
ギリシャ/日本/コロンビア 51
日本/ギリシャ/コロンビア 51
コートジボワール/ギリシャ/日本 81
コートジボワール/日本/ギリシャ 81
日本/コートジボワール/ギリシャ 81
ギリシャ/コートジボワール/日本 101
ギリシャ/日本/コートジボワール 101
日本/ギリシャ/コートジボワール 101

最新のオッズ状況はこちら

1番人気の予想は、
1位:コロンビア 2位:コートジボアール 3位:日本 4位:ギリシャ

となっていますが、気にしないでいいでしょう。

世界的に見て、日本の価値はまだまだこんな物ですからね。
ヨーロッパで親善試合をする度に、驚かれているぐらいですから、
これを何回も繰り返さないと強豪国の仲間入りはできません。

むしろ、この位置に予想されて、良いオッズがついているので、喜んでベットして、
良いオッズを獲得するチャンスと考えましょう!

ウィリアムヒルスポーツの詳細はこちら

世界3大ブックメーカーの頂点!
ウィリアムヒルスポーツ
ウィリアムヒルスポーツ / William Hill Sports

1934年にイギリスで創業された世界3大ブックメーカーの頂点に達する程、人気の高い企業です。トップブランドとして業界を牽引する存在であり、ロンドン証券取引所にも上場され、日経平均銘柄と同様のFTSE250の内の1社です。リアル店舗も2300以上で従業員数も15,000人以上と最大規模。悩んだら、ここを使えば一番心配無いと言える、業界シェアN0.1のブックメーカーです。
ウィリアムヒルスポーツへアクセス ウィリアムヒルスポーツの最新レビューとガイド

◎ ここがスゴイ!

イギリス政府公認のギャンブルメーカー。
企業力・財務力に優れており、億単位のは配当の場合でも一括払い可能。


ニュース・オッズに関する注意点
ニュースや試合オッズには、期間がございます。しっかりと年月日を確認してご利用ください。
本配信は、告知日または情報内での告知日時のに有効な情報となります。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (6)
    • Roronoa Zoro
    • 2014年 5月 09日

    先日のアルゼンチン代表の発表流出に続き、日本代表の選手も流出。

    日本代表のブラジルW杯予備登録メンバー30人に大迫勇也が選出。
    大迫所属の1860ミュンヘンが「フライング発表」をしてしまったようです。

    その発表された選手は、大迫のほかに、MF長谷部誠、MF清武弘嗣(ともにニュルンベルク)、
    MF細貝萌(ヘルタ・ベルリン)、FW岡崎慎司(マインツ)、DF酒井高徳(シュツットガルト)、
    DF酒井宏樹(ハノーファー)、DF内田篤人(シャルケ)の
    ブンデスリーガ所属選手が予備登録メンバー30人に選出されたとの事。

    これは真実なのでしょうか?

    • Roronoa Zoro
    • 2014年 5月 12日

    W杯に臨む日本代表の23名が決定!
    大久保がサプライズ選出!

    GK
    川島永嗣(スタンダール・リエージュ:BEL)
    西川周作(浦和)
    権田修一(FC東京)

    DF
    今野泰幸(G大阪)
    伊野波雅彦(磐田)
    長友佑都(インテル:ITA)
    森重真人(FC東京)
    内田篤人(シャルケ:GER)
    吉田麻也(サウザンプトン:ENG)
    酒井宏樹(ハノーファー:GER)
    酒井高徳(シュトゥットガルト:GER)

    MF
    遠藤保仁(G大阪)
    長谷部誠(ニュルンベルク:GER)
    青山敏弘(広島)
    山口螢(C大阪)
    大久保嘉人(川崎)
    本田圭佑(ミラン:ITA)
    香川真司(マンチェスターU:ENG)
    齋藤学(横浜FM)
    清武弘嗣(ニュルンベルク:GER)

    FW
    岡崎慎司(マインツ:GER)
    柿谷曜一朗(C大阪)
    大迫勇也(1860ミュンヘン:GER)

    • Roronoa Zoro
    • 2014年 5月 14日

    コロンビア代表のホセ・ペケルマン監督は、2014年W杯の予備登録メンバー30名を発表しました。

    ▼GK
    ダビド・オスピナ(ニース:FRA)
    ファリド・モンドラゴン(デポルティボ・カリ)
    カミーロ・バルガス(インディペンディエンテ・サンタフェ)

    ▼DF
    マリオ・ジェペス(アタランタ:ITA)
    クリスティアン・サパタ(ミラン:ITA)
    パブロ・アルメロ(ウェストハム:ENG)
    カミーロ・スニガ(ナポリ:ITA)
    アキワルド・モスケラ(クラブ・アメリカ:MEX)
    サンティアゴ・アリアス(PSV:HOL)
    ルイス・アマラント・ペレア(クルス・アスル:MEX)
    エデル・アルバレス・バランタ(リーベルプレート:ARG)
    カルロス・バルデス(サンロレンソ:ARG)

    ▼MF
    フレディ・グアリン(インテル:ITA)
    フアン・クアドラード(フィオレンティーナ:ITA)
    ビクトル・イバルボ(カリアリ:ITA)
    ハメス・ロドリゲス(モナコ:FRA)
    アベル・アギラール(トゥールーズ:FRA)
    ファン・フェルナンド・キンテーロ(ポルト:POR)
    カルロス・サンチェス(エルチェ:ESP)
    マクネリー・トーレス(アル・シャバブ:KSA)
    アルド・レオン・ラミレス(モレリア:MEX)
    エドウィン・バレンシア(フルミネンセ:BRA)
    アレクサンデル・メヒア(アトレチコ・ナシオナル)
    エルキン・ソト(マインツ:GER)

    ▼FW
    ラダメル・ファルカオ(モナコ:FRA)
    ルイス・ムリエル(ウディネーゼ:ITA)
    ジャクソン・マルティネス(ポルト:POR)
    カルロス・バッカ(セビーリャ:ESP)
    アドリアン・ラモス(ヘルタ・ベルリン:GER)
    テオフィロ・グティエレス(リーベルプレート:ARG)

    • Roronoa Zoro
    • 2014年 5月 14日

    コートジワール代表のサブリ・ラムシ監督は、2014年W杯に臨む予備登録メンバー28名を発表。

    ▼GK
    ブバカル・バリー(ロケレン:BER)
    シルヴァン・グボウオ(セウェ・スポーツ)
    サユバ・マンデ(スタバエク:NOR)
    バドラ・アリ・サンガレ(ASECミモザ)

    ▼DF
    ジャン・ダニエル・アクパ・アクプロ(トゥールーズ:FRA)
    ベンジャミン・アングア(ヴァレンシエンヌ:FRA)
    セルジュ・オリエ(トゥールーズ:FRA)
    スレイマン・バンバ(トラブゾンスポル:TUR)
    アルトゥール・ボカ(シュトゥットガルト:GER)
    ヴィエラ・ディアラスバ(チャイクル・リゼスポル:TUR)
    ブリス・ジャ・ジェジェ(マルセイユ:FRA)
    コンスタント・ジャクパ(フランクフルト:GER)
    コロ・トゥーレ(リヴァプール:ENG)
    ディディエ・ゾコラ(トラブゾンスポル:TUR)

    ▼MF
    セレイ・ディエ(バーゼル:SUI)
    イスマエル・ディアモンデ(サンテティエンヌ:FRA)
    マックス・グラデル(サンテティエンヌ:FRA)
    イスマエル・ティオテ(ニューカッスル:ENG)
    ヤヤ・トゥーレ(マンチェスターC:ENG)
    ディディエ・ヤ・コナン(ハノーファー:GER)

    ▼FW
    マティス・ボリー(デュッセルドルフ:GER)
    ウィルフリード・ボニー(スウォンジー:ENG)
    ディディエ・ドログバ(ガラタサライ:TUR)
    セイドゥ・ドゥンビア(CSKAモスクワ:RUS)
    ジェルヴィーニョ(ローマ:ITA)
    サロモン・カルー(リール:FRA)
    ジョバンニ・シオ(バーゼル:SUI)
    ラシナ・トラオレ(エヴァートン:ENG)

    • Roronoa Zoro
    • 2014年 5月 14日

    ギリシャ代表のサントス監督は、6月のブラジルW杯に向けた代表候補29人を発表!

    ▼GK
    ツォルバス(アポロン)
    シファキス(アトロミトス)
    カルネジス(グラナダ=スペイン)
    グリコス(PAOK)
    カピノ(パナシナイコス)

    ▼DF
    A・パパドプロス(オリンピアコス)
    シオバス(オリンピアコス)
    マノラス(オリンピアコス)
    パパスタトプロス(ドルトムント=ドイツ)
    マニアティス(オリンピアコス)
    ホレバス(オリンピアコス)
    ツァベラス(PAOK)
    ビントラ(レバンテ=スペイン)
    トロシディス(ASローマ=イタリア)

    ▼MF
    ツィオリス(カイセリスポル=トルコ)
    サマリス(オリンピアコス)
    カツラニス(PAOK)
    カラグニス(フラム=イングランド)
    タクトシディス(トリノ=イタリア)
    ニニス(PAOK)
    フェトファティディス(ジェノア=イタリア)
    フォルトゥニス(カイザースラウテルン=ドイツ)
    クリストドゥロプロス(ボローニャ=イタリア)
    コネ(ボローニャ)

    ▼FW
    D・パパドプロス(アトロミトス)
    サルピンギディス(PAOK)
    サマラス(セルティック=スコットランド)
    ミトログル(フラム=イングランド)
    ゲカス(コンヤスポル=トルコ)

    • Roronoa Zoro
    • 2014年 6月 03日

    コロンビア代表のエースストライカー FWファルカオ・ガルシアが負傷した左膝の回復が間に合わず、ワールドカップ断念。
    コロンビアの戦力大幅ダウンは間違いありません。

    これで、グループCの混戦状態は拍車がかかったといってもいいでしょう。

    日本代表の首位通過も夢じゃなくなってきました。

優良なオンラインカジノのリスト
ページ上部へ戻る