記事の詳細

ギリギリの接戦も予想通りの結果!
アルゼンチンとオランダがベスト4に進出!

本日行われた、決勝トーナメントのベスト8の闘い
「アルゼンチン vs ベルギー」「オランダ vs コスタリカ」

ベスト8の戦いの、もう一つのブロックは、戦前の予想から、
アルゼンチンとオランダがベスト4に進むと予想されていましたが、
そう簡単に勝ち進める訳ではありませんでした。

アルゼンチンも、1点差での勝利。
オランダは、PK戦の末の勝利という接戦での勝ち上がりとなりました。

アルゼンチンの先制後は、ほぼベルギーの猛攻続き

この試合は、力関係からいっても、アルゼンチンが勝つ予想はできていましたが、
ベルギーは予想以上の強さを見せました。

アルゼンチンのポジェッションとベルギーの高さ勝負。

序盤からアルゼンチンがボールを支配し、攻め込むと、
いきなりの前半8分に、イグアインが魅せます!

メッシの中盤での見事なキープから右に展開。
ディマリアのパスがベルギーのDFに当たり、コースが変化!
それにイグアインが反応しボレーシュートを左隅に突き刺し先制!

これで攻めなくてはいけなくなったベルギーは猛攻をしかけます。

後半から、ルカク、メルテンスという攻撃的な選手を2人同時に投入し、
ギアをアップさせ、「速さと強さと高さ」の全てを使って猛攻を仕掛けます。

アルゼンチンは、防戦一方で、攻めることができ展開でしたが、
安定したディフェンスでゴールを守ります。

終了間際には、メッシがカウンターから抜け出し、
ゴールキーパーと1対1となりますが、ベルギーのGKが好セーブ!
メッシの通算5ゴール目を許しません。

試合は、そのままタイムアップし、アルゼンチンがベルギーを下し、
24年ぶりのベスト4進出を決めました!


▲ ハイライト アルゼンチン vs ベルギー

ゴールキーパーの交代采配が的中のオランダが勝利!

最高の守備と最高のセービングでコスタリカが守りきったが・・・。

このオランダとコスタリカのゲームは、終始オランダが攻めて、
コスタリカが守るという展開が続く試合となりました。

しかし、どんなにシュートを打たれても、
コスタリカのキーパーの神がかった好セーブと、
8人の選手でペナルティエリアを死守するDF陣の前にゴールが生まれません。

そして、試合は、90分+延長戦40分を戦っても勝負がつかず、
そのままPK戦に突入する事に。

ここでオランダ代表のルイス・ファン・ハール監督は、PK戦に備えて、
延長後半ロスタイムに、ゴールキーパーをティム・クルルに交代します!

これが、最高の采配となりました!

PK戦で、ティム・クルルは、コスタリカの2人目のキッカー、ブライアン・ルイスと
5人目のマイケル・ウマニャのシュートをしっかりとセーブし、
チームを勝利へと導きました!

▲ ハイライト オランダ VS コスタリカ

試合後、ルイス・ファン・ハール監督は、
「今まで一緒にやってきた中でもベストのグループだ。チームスピリットや一体感の面でね。
次の試合の先発について疑問はない。シレッセンだ。でもここではクルルがより良い選択だと感じた。クルルにはPK戦で起用する可能性を伝えていたが、シレッセンにはしていなかった。彼の試合への準備の妨げになるようなことはしなかったんだ」
とコメントしています。

この監督の采配の的中と、控え選手が試合を助ける形になった結果。
1人の選手に偏らず、沢山の選手がゴールを奪っている今大会の状況。
優勝するチームに必要な条件を兼ね備えているオランダは、
もしかしたら、次の試合でアルゼンチンを下す可能性がありますね。

準決勝の対戦カードと勝敗予想オッズ!
優勝予想・得点王予想・ゴールキーパー部門の予想オッズなどはこちら↓
ワールドカップ BEST 4の闘い!勝利予想と優勝・得点王予想オッズをチェック!


ニュース・オッズに関する注意点
ニュースや試合オッズには、期間がございます。しっかりと年月日を確認してご利用ください。
本配信は、告知日または情報内での告知日時のに有効な情報となります。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

優良なオンラインカジノのリスト
ページ上部へ戻る