記事の詳細

テニスのグランドスラムの1つ
観客動員数・賞金総額、最高峰の試合!
全米オープンテニスを制するのは誰だ!?

冒頭でも触れた通り、テニスの4大大会の一つである、
全米オープン「U.S.Open Championships」が、
ニューヨーク市郊外のナショナル・テニス・センターにて
8月25日〜9月8日まで開催されます!

言わずとしれた、テニス競技の中でも、最高峰に位置する国際大会であり、
昨年の優勝賞金は、260万ドル(約2億7千万円)という、
賞金も世界最大となるテニスのグランドスラムです。


▲ U.S.Open Championships ウェブサイト http://www.usopen.org/

賞金も、毎年どんどん上がっていく傾向にあるので、
本年度は、300万ドル近くに上がると予想されます。

過去の優勝賞金の推移

賞金 賞金
2006 120万ドル 2010 170万ドル
2007 140万ドル 2011 180万ドル
2008 150万ドル 2012 190万ドル
2009 160万ドル 2013 260万ドル

過去の優勝者をチェックしましょう!

この10年間の優勝者を見てみても、ここ数年では毎年優勝者が違いますが、
名前だけでは、強豪選手に変化があまり無い事がわかります。

女子は、選手として活躍する期間が、男子に比べ短いという事もあり、
10年というスパンで見ると、選手の変化が見て取れます。

男子 女子
2004年 ロジャー・フェデラー スベトラーナ・クズネツォワ
2005年 ロジャー・フェデラー キム・クライシュテルス
2006年 ロジャー・フェデラー マリア・シャラポワ
2007年 ロジャー・フェデラー ジュスティーヌ・エナン
2008年 ロジャー・フェデラー セリーナ・ウィリアムズ
2009年 フアン・マルティン・デル・ポトロ キム・クライシュテルス
2010年 ラファエル・ナダル キム・クライシュテルス
2011年 ノバク・ジョコビッチ サマンサ・ストーサー
2012年 アンディ・マレー セリーナ・ウィリアムズ
2013年 ラファエル・ナダル セリーナ・ウィリアムズ

今年の大会も、男子は、トップ3の選手。
女子は、セリーナ・ウィリアムズというのが優勝候補でしょう。

ブックメーカーの優勝予想オッズも解りやすい結果に。

まずは、男子の優勝予想オッズをチェックしましょう!

選手 オッズ 選手 オッズ 選手 オッズ
ノバク・ジョコビッチ 2.25 アンディ・マレー 5 ラファエル・ナダル 5
ロジャー・フェデラー 8 スタニスラス・ワウリンカー 13 グリゴルディミトロフ 15
ジョー=ウィルフリード・ツォンガ 26 錦織圭 26 トマスベルディ 34
ラオニッチ 34 ニック・キギアズ 51 エルネスツ・ガルビス 67
ジャージー・ヤノビッチ 67 ダビド・フェレール 81 アレクサンドル・ドルゴポロフ 101
ジョン・イズナー 101 リチャード・ガスケ 101 ガエルモンフィルス 151
チリッチマリン 151 フェリシアーノロペス 151 サムクエリー 201
ジアリ・ビーズリ 201 トミー・ロブレド 201 ニコラスアルマグロ 201
バーセック・ポースピーシール 201 バーナード・トミック 201 フィリップ・コールシュライバー 201
ベノイト・ペイ 201 ミッカイル・ヤウズフニー 201 アーンドレイウス・セッピー 251
ケビン・アンダーソン 251 ドミットリー・ターサノブ 251 アイバン・ドッディグ 301
ジェレミー・シャルディー 301 ジャーゲン・メルザー 301 ジュリアン・ベネトー 301
ジル・シモン 301 デニス・イストミン 301 ファビオ・フォニーニ 301
フアン・モナコ 301 フェルナンド・ベルダスコ 301 フロリアン・マイヤー 301
マルコス・バグダティス 301 マルセル・グラノジェルス 301 ミカエル・ロドラ 301
ヤルコ・ニエミネン 301 ヤンコ・ティプサレビッチ 301 ルーカズ・ローソル 301
カーロース・バーロック 501 レイデック・ステップニック 501

錦織圭がまたもや快挙!

準々決勝で、全豪オープン覇者で第3シードのスタニスラス・ワウリンカを
3―6、7―5、7―6、6―7、6―4の4時間19分の熱闘を制し、
更に、準決勝では、世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチを、
6−4、1−67−6 (7−4)、6−3で下し、日本勢初の4大大会の決勝進出!

更には、現時点でアジア人男子初となる世界ランキング8位になることが確定!
もし、優勝すれば、5位になる可能性が!

そして、現在10位となっている、今季の大会獲得ポイント上位8名が出場できる最終戦、
ATPワールドツアー・ファイナル出場も視界にとらえています。

決勝戦の勝敗予想オッズはこちらとなっています。

選手 オッズ
錦織圭の勝利 1.73倍
チリッチ・マリンの勝利 2.1倍

現時点での最新オッズはこちら。 → リアルタイムオッズ
(※ ベット締め切り時間以降は、オッズが表示されません)

勝敗予想オッズ上では、過去対戦成績で、5勝2敗の錦織圭選手が優勢になっています。
両者ともに、初の4大大会決勝進出となるファイナル。
初制覇で、賞金300万ドルを獲得するのはどちらに!?

男子では、直近の4大大会であるウィンブルドンを制した、
ノバク・ジョコビッチがダントツの1番人気。
今シーズンの強さは抜群で、6月の全仏オープンでも準優勝。
他大会でも、決勝戦で、ナダルやフェデラーを倒して優勝しまくっています。

続く2番人気となっているのは、アンディ・マレーとラファエル・ナダル。
ナダルは、全仏オープンを優勝し、コンスタントに優勝しています。
マレーは、今シーズンは2013年ほどの強さは無いですが、好調を維持しています。

USオープン過去最多の優勝回数や4連覇を果たしている、
ロジャー・フェデラーは、準優勝が多いシーズンを送っている事もあり、
4番人気の8倍となっています。

日本選手で期待のかかる、錦織圭は、7番人気の26倍となっています。

続いて、女子の優勝予想オッズを見てみましょう!

選手 オッズ 選手 オッズ 選手 オッズ
セリーナ・ウィリアムズ 2.75 ビクトリア・アザレンカ 6 マリア・シャラポワ 6
シモーナ・ハレプ 8 ユージーニー・ブーシャード 9 ペトラ・クビトバ 11
ガーバイン・マガーラザ 21 アグニエシュカ・ラドワンスカ 26 ビーナス・ウィリアムズ 26
アナ・イバノビッチ 34 アンジェリークカーバー 34 スローン・スティーブンス 34
キャロライン・ウォズニアッキ 51 サマンサ・ストーサー 51 ザビーネ・リシキ 51
ドミニカ・チブルコバ 51 マッディソン・キーズ 51 エレナ・ヤンコビッチ 81
アリーゼ・コルネ 101 アンドレア・ペトコビッチ 101 キャミラー・ジョジー 101
キャロライン・ガーシーア 101 フラビア・ペネッタ 101 ルーシー・サファロバ 101
スベトラーナ・クズネツォワ 126 アナスタシア・パブリュチェンコワ 151 エカテリーナ・マカロワ 151
カイア・カネピ 151 カルラ・スアレス・ナバロ 151 サラ・エラニ 151
エリナ・スビットリナ 201 エレーナ・ベスニナ 201 カースタン・フリップケンズ 201
ケロライナー・プリスコバー 201 ソラナ・チルステア 201 ダニエラハンチュコバ 201
ドナ・ベッキク 201 ナディア・ペトロワ 201 ボジャナー・ジョバノブスキー 201
マリア・キリレンコ 201 モナ・バルテル 201 モニッカー・プーグ 201
ロベルタヴィンチ 201 彭帥 201 ヘザー・ワトソン 251
ウルシュララドワンスカ 301 クララ・クーカロバ 301 ジュリアゴージェス 301
テイラー・タウンゼンド 301 フランチェスカ・スキアボーネ 301 ベサナイ・マッテク・サンズ 301
マグダリーナー・リバーリッコバー 301 イボン・メアスバーガー 501 クリスティーナー・ムレイデノビック 501
ケアリン・ナップ 501 ジョハナ・コンタ 501 マリーナー・アーアッコビック 501
モニカ・ニクレスク 501

現時点での最新オッズはこちら。 → リアルタイムオッズ
(※ ベット締め切り時間以降は、オッズが表示されません)

女子は、セリーナ・ウィリアムズの1強といってもいいでしょう。
今シーズンも抜群の強さを誇り、優勝しまくっています。
USオープンでも、90%優勝と言っても過言ではありません。

対抗馬では、ビクトリア・アザレンカと、マリア・シャラポワ。
アザレンカも、強い選手ではありますが、大会の決勝戦では、
セリーナ・ウィリアムズにことごとく敗れています。
マリア・シャラポワも、全盛期ほどの強さは無く、優勝は厳しいと思われます。

今年のグランドスラムであり、世界最大のテニスの祭典を制するのは、
いったい誰になるのでしょうか!?

ウィリアムヒルスポーツの詳細はこちら

世界3大ブックメーカーの頂点!
ウィリアムヒルスポーツ
ウィリアムヒルスポーツ / William Hill Sports

1934年にイギリスで創業された世界3大ブックメーカーの頂点に達する程、人気の高い企業です。トップブランドとして業界を牽引する存在であり、ロンドン証券取引所にも上場され、日経平均銘柄と同様のFTSE250の内の1社です。リアル店舗も2300以上で従業員数も15,000人以上と最大規模。悩んだら、ここを使えば一番心配無いと言える、業界シェアN0.1のブックメーカーです。
ウィリアムヒルスポーツへアクセス ウィリアムヒルスポーツの最新レビューとガイド

◎ ここがスゴイ!

イギリス政府公認のギャンブルメーカー。
企業力・財務力に優れており、億単位のは配当の場合でも一括払い可能。


ニュース・オッズに関する注意点
ニュースや試合オッズには、期間がございます。しっかりと年月日を確認してご利用ください。
本配信は、告知日または情報内での告知日時のに有効な情報となります。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • Roronoa Zoro
    • 2014年 9月 04日

    錦織圭だけじゃない!

    女子ダブルス準々決勝では、クルム伊達公子、B・ザフラヴォワ・ストリツォワ組が、
    第8シードのA・フラヴァコバ、ジェン・ジー組を6-3, 4-6, 6-3で下して、
    ダブルスでグランドスラム初のベスト4入りを決めています!

    日本人選手の躍動が止まらないですね!

コメントするためには、 ログイン してください。

優良なオンラインカジノのリスト
ページ上部へ戻る