アービトラージ法で勝つ投資方法

アービトラージ法で、必勝ブックメーカー投資

必勝法という響きは、どんな世界でも良いものです。
必勝法は読んで字のごとく「必ず勝てる方法」なので、
あれば手に入れたいものです。

そんな必勝法がブックメーカーにも存在します。

世界中には、この必勝法や攻略法を使って、ギャンブルというよりは、
投資として、スポーツブックを利用している方も沢山います。

攻略法を理解して、いつものギャンブルを更に奥深く楽しみましょう!

市場のゆがみを利用した投資方法「Arbitrage:アービトラージ法」

ブックメーカーの必勝法「Arbitrage:アービトラージ法」を知っていますか?

初めて聞いた方は????だらけですよね。

それでは、名前の意味から順を追って説明します。

まず、アービトラージ:Arbitrageとは、日本語に訳すと「裁定取引」となります。

この「裁定取引」とは、市場のゆがみを利用して、
同じ価値を持つ商品の価格差を利用して利鞘を稼ぐことで、
ほぼ100%に近い確立で、勝つ事ができる取引方法となります。

簡単に説明すると、アービトラージ法とは、先程、裁定取引の説明をした中にある。

「大事な3つの要素」

「同じ価値を持つ商品」におこる「市場のゆがみ」での「価格差」で儲ける。

という事なんです。

世界中で取引されている為替や債権などのトレーダーの中でも
その取引内で使われているのが「アービトラージ法」です。

この世界でのアービトラージとは、
市場にゆがみのカーブが出来ると必ず集約されて元に位置に戻るから、
「逆張り」をしたら利幅が獲れるという物。

要は、どの世界でもできる「市場にゆがみ」がポイントなんです。

それでは、ブックメーカーの世界での「アービトラージ法:Arbitrage」という投資法をご説明します。

先程の、「大事な3つの要素」をブックメーカーに当てはめると、

「同じ価値を持つ商品」とは、「レースや試合」の事を言います。

次に「市場のゆがみ」とは、「ブックメーカー各社でのオッズの違い」を言います。

サッカーの試合を例にすると、
マンチェスターU 対 チェルシー
の試合が開催されて以下のオッズがあるとします。

ブックメーカーA社は以下のオッズ。

・マンチェスターU:2.0
・チェルシー:3.0

ブックメーカーB社は以下のオッズ。

・マンチェスターU:2.5
・チェルシー:2.0

この様に、ブックメーカーは、各社によって勝敗の予想も違えば、
オッズ(配当)も全く違い、「市場のゆがみ」を引き起こします。

最後に「価格差」ですが、これはとても簡単ですが「配当の違い」を言います。

この3つを総合すると、マンチェスターU 対 チェルシー
にマンチェスターUが勝つと予想している場合、同じ試合ですが、
よりオッズの高い「B社」を利用した方が、
より高い配当を得られる事ができるという事になります。

これは、ギャンブルの世界では、購入時にオッズが確定しているブックメーカーならではであり、
各社によって違う予想とオッズが付くブックメーカーでなければありえない「市場のゆがみ」なんです!

でも、これが「アービトラージ法」ではありません。

ペイアウト率100%以上の投資法

「アービトラージ法」は、この現象を更に上手く利用した、
試合の予想も全くしなくていい、ペイアウト率100%以上の投資法なんです。

まずは論より証拠という事で、ギャンブルでよく用いられる、ペイアウト率で証明したいと思います。

ペイアウト率は皆さんご存知の通り、100%以上になると、確実に元金より増えるという事です。

例えば、上で説明した試合の場合、
ブックメーカーA社は以下のオッズ。

・マンチェスターU:2.0倍
・チェルシー:3.0倍

ブックメーカーB社は以下のオッズ。

・マンチェスターU:2.5倍
・チェルシー:2.0倍

それぞれのオッズの高い方を選択します。

A社のチェルシー:3.0倍
B社のマンチェスターU:2.5倍

ペイアウト率を計算します。

まずはそれぞれのオッズの逆数を計算。

1÷3.0=0.33
1÷2.5=0.4

次にオッズの逆数を合計します。

0.33+0.4=0.73

最後に、1÷合計×100します。

1÷0.73×100=136.98

ペイアウト率は136.98%となり、チェルシーとマンチェスターUの両方に、
元本から配分額を計算してベットするだけで、どちらが試合に勝っても、
投資合計額の36.98%の利益が出てしまうんです。

簡単な数学の計算ですが、このペイアウト率を見るだけで、負ける事が無くなる事がわかりますよね。

では、もっと解りやすい様に、金額で計算してみましょう!

仮に、この試合に100ドル投資すると決めます。先程のペイアウト率が正しければ、
どちらが勝利しても、約136ドルになり、36ドルの儲けがでるはずです。

ブックメーカーは「市場のゆがみ」をおこしている、A社とB社を選択します。

A社のチェルシー:3.0倍
B社のマンチェスターU:2.5倍

この両方にベットします。

それぞれのベット額は、計算して決定します。

約36%の利益を出す分配した投資額は、
A社のチェルシー:3.0倍に45.45ドル
B社のマンチェスターU:2.5倍に54.55ドル
となります。

それぞれの投資額をベットして、試合が行われ、結果「マンチェスターU」が勝利したとします。

投資額と配当金は、投資額は、両方に賭けた合計
・45.45ドル+54.55ドル=100ドル

配当金は、B社のマンチェスターU:2.5倍
・54.55ドル×2.5倍=136.37ドル

となります。

こんな美味い話がある訳ない!

普通のギャンブルは、そう思うのが当然ですが、対胴元という図式がはっきりとしていて、
更に、胴元も自分で選ぶ事ができるブックメーカーの世界では、これが普通なんです。

ただデメリットも複数あります。

・両方に賭けている訳なので、利益は少なくなります。
(元本を増やしても、MAX BETがあるので上限も限られています)
・「ゆがみ」を起こしているブックメーカーを探す必要があります。
・大儲けするには、何試合も賭けて利益を積み上げないといけません。

ですが、この様な点を踏まえても、世界には「アービトラージ法」で稼いでいる人が沢山いますし、
しっかりと会得してしまえば、儲ける事がちゃんとできます。

これは間違いなくギャンブルというより投資法であり、
「スポーツブックの攻略法であり必勝法」ですね!

実際にアービトラージ法をやるシチュエーションになった場合は、
まずは計算をしなければいけないので、以下計算機を使って、
それぞれにベットすべき額をはじき出しましょう。


※ スマートフォンでは動作しません。

優良なオンラインカジノのリスト
ページ上部へ戻る