記事の詳細

3月29日は競馬の祭典!ドバイワールドカップデー2014!
世界の一流馬が参戦するビッグレース「ドバイワールドカップ」
メインレース以外にも沢山の重賞レースが開催!

1995年に世界有数のオーナーブリーダーでもあるシェイク・モハメドが、
当時の世界最高賞金レースだったアメリカのブリーダーズカップ・クラシックを超える、
世界ナンバー1の賞金レースを設立考案し誕生した国際レースが、
この「ドバイワールドカップ」です!


▲ Dubai World Cup 公式ウェブサイト http://www.dubaiworldcup.com/

総額賞金は世界最高金額の1000万ドルで1着賞金600万ドル、
2着から6着までにそれぞれ200万ドル、100万ドル、50万ドル、30万ドル、20万ドルの賞金が与えられます。

これだけの賞金が獲得できる大会ともなると、
世界各国の最強馬クラスの競走馬が参戦する世界最高峰のサラブレッド種による競走となります。

この日のメインレースは、「ドバイワールドカップ 2014」となりますが、
同日はドバイワールドカップデーと言われ、「アルクォズスプリント」「ドバイシーマクラシック」
「ドバイデューティーフリー」「ドバイゴールデンシャヒーン」など複数の国際招待レースが開催!
ドバイのみならずアラブ首長国連邦の競馬の祭典としても楽しまれています。

日本馬初の優勝を果たした2011年のヴィクトワールピサや、
同レースで、2着のトランセンドのワンツーフィニッシュの様に、
今年の大会も、日本馬の参戦が決定しており、好成績に期待が持たれています!

では、2014年のドバイワールドカップデーの全てのレースを
ブックメーカーのオッズとともに紹介していきます。

まずは、ドバイシーマクラシック。

2011年のからメイダン競馬場の芝2410mで行われている「ドバイシーマクラシック」。
このレースに出場する日本馬は、デニムアンドルビージェンティルドンナとなります。

セレクション オッズ
ジェンティルドンナ 4.5
マジシャン 4.5
シリュスデゼーグル 6.5
デニムアンドルビー 9
ドゥナデン 13
ドミナント 13
フェスティヴチア 15
エクセレントリザルト 17
マウントアトス 17
エンポリ 21
トワイライトエクリプス 21
ミアンドル 21
アンビヴァレント 26
ダブデー 26
マース 26
アミコミオ 67

最新のオッズ状況はこちら

昨年2着のジェンティルドンナは、マジシャンと並んで、ブックメーカーのオッズでは1番人気です。

国内最終追い切りでは、坂路でランドルト(古馬500万下)と併せ馬を行い、
スタートから体を並べて加速し、ラスト1ハロンで鞍上の仕掛けに反応して2馬身先着。
4ハロン53・8―39・0―25・4―12・3秒と上々の伸びでした。

次は、ドバイゴールデンシャヒーン。

ドバイワールドカップデイに行われる諸競走の中で最も歴史が長く、創設は1993年。
1200mのスプリント競馬が「ドバイゴールデンシャヒーン」。
こちらは日本馬の出走はありません。

セレクション オッズ
リッチタペストリー 3.25
スターリング・シティ 4.5
レイナルドザウィザード 5.5
コンプリケート 10
ロシアンソウル 11
ユナイテッドコロル 12
ジェームシ 15
バルモンマスト 15
クリプトンファクター 17
ジーブロス 21
ナワール 26
ベロ 26
My Catch 51

最新のオッズ状況はこちら

リッチタペストリーが予想通りで勝ちそうな予感がプンプンしますね。

日本馬3頭が出走のドバイデューティーフリー

1996年に創設され、メイダン競馬場の1800mが「ドバイデューティーフリー」
日本馬は3頭、ロゴタイプ、ジャスタウェイ、トウケイヘイローの出走が予定されています。

セレクション オッズ
ザフューグ 4.5
ジャスト・ア・ウェイ 4.5
ダンク 6
ウェルキンゲトリクス 6.5
ムシャウィッシュ 6.5
タサダイ 9
トレードストーム 15
ブレージングスピード 15
ロゴタイプ 15
トケイハロ 21
エデュケート 26

最新のオッズ状況はこちら

日本馬では、ジャスタウェイが1番上位の2番人気となっています。

国内最終追い切りでは、3頭の中で動きが一番良かったジャスタウェイ(牡5・須貝)。
坂路で福永の軽い仕掛けに4ハロン52・9―37・8―24・1―12・0秒と極上の切れでした。

UAEダービーも優勝候補が決まった様相。

2010年から新設されたメイダン競馬場のオールウェザー1900mにて実施されている「UAEダービー」
こちらは、日本馬の出走はございません。

セレクション オッズ
ロング・ジョン 3
ジョヴァンニ・ボルディーニ 5
アスマール 5.5
トーストオフニューヨーク 11
オクラホマシティ 12
ミカエルマス 12
コープタド 15
サー・ジョン・ホーキンス 15
エミレーツフライヤー 17
サー・ジャック・レイデン 17
パクシマディア 21
キングルビー 34
セーフティチェック 34
ジャッロタ 41
フィギュアオフスピーチ 51

最新のオッズ状況はこちら

オーストラリア生産の4歳馬であるロング・ジョンが1番人気のオッズです。
昨年までオーストラリアで走りコーフィールドギニー(豪G1)で勝利した強い馬です。

芝直線1100mのスプリント決戦!アルクォズスプリント

2011年から芝直線1000mとなりドバイミーティングに組み込まれた「アルクォズスプリント」
日本馬の出走は過去を見ても、2012年のエーシンヴァーゴウ(12着)のみとなっています。
今回も出走はありません。

セレクション オッズ
シェアシェア 2.5
アンバースカイ 4.5
ソールパワー 8
アートゥグ 9
カトコール 11
メディシアンマン 13
ドゥクススカラー 17
ハムザ 17
ベーリノ・ディ・ティーガー 17
Sholaan 21
ジョイアンドファン 21
Hototo 34
アルサエカー 34
ビートベイビー 34

最新のオッズ状況はこちら

1着賞金600,000米ドル(約6000万円)のこの大会の1番人気は、
昨年の優勝馬シェアシェアが今年も圧倒的な人気となっています。

ゴドルフィンマイルには日本馬のブライトライン

2006年の大会でユートピアが見事に逃げ切り、
日本調教馬史上初の海外ダート重賞初制覇を果たした「ゴドルフィンマイル」
メイダン競馬場のオールウェザー1600mで開催されます。

セレクション オッズ
シュラック 4.5
ソフトフォーリングレイン 5
バラエティ・クラブ 5
キャピタルアトラクション 12
サーファー 12
フロチッラ 12
ミュルオフキッロー 12
ブライトライン 15
ペニテント 17
エッレヴァル 21
ハーテク 21
フォルザット 21
イースタンルールズ 26
Gabrial 34
Limario 34
グローリーアウェーツ 34

最新のオッズ状況はこちら

日本馬のブライトラインは、8番人気の15倍です。
恐らく勝てないというブックメーカーのオッズ状況となっています。

2012年から新設されたドバイゴールドカップ

ドバイミーティング最長距離の芝の3200mで行われる「ドバイゴールドカップ」
今年からG2に格上げされた長距離競馬です。
こちらも日本馬の出走はありません。

セレクション オッズ
キャヴァルリーマン 4.5
シムノン 7
アーネスト・ヘミングウェイ 7.5
ヨシュア・トゥリー 7.5
ペンライパビリオン 9
ソングラフト 10
ナウウィカン 11
スターエンパイア 12
ダバディヤン 13
シェイクザイェドロード 17
セルテラク 17
サドラーロック 21
ゼイスモス 21
モメントインタイム 34

最新のオッズ状況はこちら

昨年優勝のキャヴァルリーマンが今年も1番人気となっています。

メインレースは、ドバイワールドカップ

メイダン競馬場のオールウェザー2000mにて行われる「ドバイワールドカップ」
ドバイワールドカップデーのメインレースとなります。
日本馬は、ホッコータルマエ、ベルシャザールの2頭が出走予定。

これまで日本馬の参戦も多く、01年にトゥザヴィクトリーがキャプテンスティーヴの2着。
2011年はヴィクトワールピサが日本馬初の優勝を飾り、2着にもトランセンドが入る好成績を収めました。

今年は、オッズ上でもホッコータルマエが4番人気の10倍となっています。

セレクション オッズ
ルーラーオブザワールド 4.5
ミリタリーアタック 9
アケードモフィード 10
ホッコータルマエ 10
プリンスビショップ 11
ベルシャザル 12
ムカヅラム 13
ロンザグリーク 13
Cat O’Mountain 15
アフリカンストーリー 15
サンシャーウェス 15
バンクーバーリット 15
ヒールスター 17
ハンターズライト 21
レッドカドー 26
サイドグランス 34

最新のオッズ状況はこちら

両馬の国内最終調整では、ベルシャザールが角馬場で入念に体をほぐした後、一番に坂路入り。
1本目を4ハロン76・1秒と軽く上がった後、2本目に本追い切り。
タイムは4ハロン53・4―38・4―24・9―12・4秒。

ホッコータルマエも、馬なりで坂路4ハロン56・7―41・4―26・3―12・4秒。

両馬ともに、軽快な動きを見せています。

3年ぶりの日本馬の勝利となるのか!?

ウィリアムヒルスポーツの詳細はこちら

世界3大ブックメーカーの頂点!
ウィリアムヒルスポーツ
ウィリアムヒルスポーツ / William Hill Sports

1934年にイギリスで創業された世界3大ブックメーカーの頂点に達する程、人気の高い企業です。トップブランドとして業界を牽引する存在であり、ロンドン証券取引所にも上場され、日経平均銘柄と同様のFTSE250の内の1社です。リアル店舗も2300以上で従業員数も15,000人以上と最大規模。悩んだら、ここを使えば一番心配無いと言える、業界シェアN0.1のブックメーカーです。
ウィリアムヒルスポーツへアクセス ウィリアムヒルスポーツの最新レビューとガイド

◎ ここがスゴイ!

イギリス政府公認のギャンブルメーカー。
企業力・財務力に優れており、億単位のは配当の場合でも一括払い可能。


ニュース・オッズに関する注意点
ニュースや試合オッズには、期間がございます。しっかりと年月日を確認してご利用ください。
本配信は、告知日または情報内での告知日時のに有効な情報となります。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • Roronoa Zoro
    • 2014年 3月 30日

    ドバイワールドカップ 2014 結果
    1着:African Story
    2着:Mukhadram
    3着:Cat O’mountain
    4着:Side Glance
    5着:Akeed Mofeed

    日本馬の順位
    11着:ベルシャザール
    16着:ホッコータルマエ

コメントするためには、 ログイン してください。

優良なオンラインカジノのリスト
ページ上部へ戻る