記事の詳細

10月5日 フランス ロンシャン競馬場・芝2400m
競馬の世界最高峰のレース「凱旋門賞」を制する馬は!?
2014年大会のブックメーカー予想オッズに注目!

ついに今年も、この季節がやってきました!

全世界の競馬ファンが注目する世界最高峰のレース
「凱旋門賞:Prix de l’Arc de Triomphe」

賞金総額も毎年増額され続けている桁違いの、G1レースとなっています。

フランスの大会という事もあって、フランス馬が圧倒的に結果を残してきており、
日本馬がこれまで凱旋門賞を制した事はありません。

ここ2年は、オルフェーヴルが、優勝予想ナンバー1という位置までいきましたが、
結果は、2年連続の2着フィニッシュに終わり、期待に応えることはできませんでした。

そして、今年出走する日本馬は、3頭になっています。

まずは、日本でも圧倒的な強さを誇り、
人気・実力を兼ね備えた、牡5歳の「ジャスタウェイ」。

昨年の天皇賞(秋)を制し、その後も中山記念、安田記念も優勝しています。
何より1番の材料は、海外での活躍。

今年の3月に行われた、ドバイワールドカップの1戦である
「ドバイデューティフリー」で優勝を飾っています。

そして、牡5歳の「ゴールドシップ」。
2012年の皐月賞から、菊花賞・有馬記念・宝塚記念の2連覇など、
G1を獲りまくっている人気サラブレットです。

最後の1頭は、牝3歳にして出場する「ハープスター」
7戦5勝という勝率に加え、勝っていない2戦も2着という強さ。
G1も、阪神ジュベナイルFと優駿牝馬の2着、今年の桜花賞のチャンピオンです!

世界では、オルフェーヴルほどの、人気ではありませんが、
この実績は、3頭共に十分にチャンスがあると予想されます。

過去大会の優勝馬と日本馬の実績を見てみましょう!

過去4大会の実績でも、ここ2年連続で、フランス馬が優勝しています。
日本馬は善戦していますが、2着が最高位となっています。

大会 優勝馬 日本馬 順位
第89回 2010 ワークフォース ナカヤマフェスタ 2着
ヴィクトワールピサ 7着
第90回 2011 デインドリーム ヒルノダムール 10着
ナカヤマフェスタ 11着
第91回 2012 ソレミア オルフェーヴル 2着
アヴェンティーノ 17着
第92回 2013 トレヴ オルフェーヴル 2着
キズナ 4着

昨年のオルフェーブルは、ブックメーカーのオッズでも圧倒的な1番人気でしたが、
結果は、トレヴが5馬身差をつけて優勝となりました。

今年も出場予定ではありますが、前哨戦のヴェルメイユ賞では、4着という結果。
2年連続の凱旋門賞制覇は厳しいと予想されています。

ブックメーカーの予想では、日本馬は3番〜6番人気

まずは、「Ante Poste(事前マーケット)」がオープンされています。
これは、レースより大分早めに予想ができるマーケットになります。
なので、有力馬を高いオッズで獲れる可能性があります。

10月3日までの事前マーケット終了後は、一旦オッズ参加が締め切られて、
今度は、レース開始直前までベットできる「最終マーケット」がオープンになります。

「凱旋門賞 Prix de l’Arc de Triomphe 2014 優勝予想オッズ」

出走馬 オッズ
タグルーダ 5.5
エクトット 7
アヴェニールセルタン 8
ハープスター 8
ジャストアウェイ 8
ゴールドシップ 10
トレヴ 11
Ivanhowe 17
キングストンヒル 17
ルーラーオブザワールド 17
Flintshire 34
Prince Gibraltar 34
Shamkala 34
Spiritjim 34
チキータ 34
Dolniya 41
Al Kazeem 51
Free Port Lux 51
Siljan’s Saga 67
Montviron 201

現時点での最新オッズはこちら。 → リアルタイムオッズ
(※ ベット締め切り時間以降は、オッズが表示されません)

10月1日でのブックメーカーの優勝予想オッズでは、
デビューから4戦無敗だった、女王タグルーダが1番人気。
ですが、8月末のG1「ヨークシャーオークス」では、
タペストリーに敗れ、初の2着となっています。

2番人気には、9月14日にロンシャン競馬場で行われた「ニエル賞」を制し、
デビュー戦以外を全勝している「Ectot(エクトット)」。
同じ場所で直近を制しているのは、大きい材料になっています。

そして、3番人気には、アヴェニールセルタンと、
日本馬のハープスターとジャストアウェイが入ってきています。
「アヴェニールセルタン」は、日本でもお馴染みのルメール騎手が乗ります。

昨年の覇者トレヴは、最近の不調から、11倍というオッズに落ち込んでいます。

上位以外での注目馬は、エクトットと同じく、14日に行われた前哨戦である、
「フォワ賞」を制した「ルーラーオブザワールド」。
現在、17倍という高いオッズが付いていますが、
ドバイワールドカップ以来の5カ月半振りの試合で、
2位に1馬身半差をつける快勝を飾っているので、「穴」としてはアリですね。

もう1頭の注目馬は、「キングストンヒル」。
9月13日のG1「セントレジャー」を優勝し、クラシック制覇を果たしています。

前哨戦での好調馬とオッズの高い馬を分析すると、
高オッズを獲れる可能性が高いかもしれませんね。

ウィリアムヒルスポーツの詳細はこちら

世界3大ブックメーカーの頂点!
ウィリアムヒルスポーツ
ウィリアムヒルスポーツ / William Hill Sports

1934年にイギリスで創業された世界3大ブックメーカーの頂点に達する程、人気の高い企業です。トップブランドとして業界を牽引する存在であり、ロンドン証券取引所にも上場され、日経平均銘柄と同様のFTSE250の内の1社です。リアル店舗も2300以上で従業員数も15,000人以上と最大規模。悩んだら、ここを使えば一番心配無いと言える、業界シェアN0.1のブックメーカーです。
ウィリアムヒルスポーツへアクセス ウィリアムヒルスポーツの最新レビューとガイド

◎ ここがスゴイ!

イギリス政府公認のギャンブルメーカー。
企業力・財務力に優れており、億単位のは配当の場合でも一括払い可能。


ニュース・オッズに関する注意点
ニュースや試合オッズには、期間がございます。しっかりと年月日を確認してご利用ください。
本配信は、告知日または情報内での告知日時のに有効な情報となります。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • Roronoa Zoro
    • 2014年 10月 06日

    1977と78年に優勝したアレッジド以来、77年ぶりにトレヴが凱旋門賞連覇!
    史上6頭目の快挙を達成!

    期待された日本馬の3頭は、直前オッズで1番人気になったハープスターが最高位の6着。
    世界ランキング1位で迎えた、ジャスタウェイは8着。
    ゴールドシップは14位に終わりました。

コメントするためには、 ログイン してください。

優良なオンラインカジノのリスト
ページ上部へ戻る